アパートローンの金利について

アパートローンとは?

アパートローンとは、住宅以外の賃貸用のアパートやマンションなどの不動産投資に対するローンのことをいいます。銀行によっても基準は様々ですが、物件価格の7割程度の融資をうけることができます。一般の住宅ローンより金利が高いアパートローンには「変動金利型」「固定金利型」「固定金利選択型」の3つの金利制度があります。市場金利の変動により利息の支払額が変わる変動金利型は通常は固定金利よりも低金利なのがメリットですが、常に金利の上昇するリスクを伴います。金利が大幅に上昇する可能性もあり、予測が立てにくく、最終的に総支払額がいくらになるか分からないというデメリットもあります。固定金利型は借入時の金利が変わらず適用されるので、返済期間の計画がたてやすいですが、通常、変動金利よりも高く設定されています。固定金利選択型は一定期間(3年、5年、7年など)金利を固定するアパートローンです。それぞれのアパートローンにメリットデメリットがあり、借入時のレートやミックス型など、時分にあった金利方法を慎重に考慮して選びましょう。


初心者向けFX業者